【第12話】緊張の待ち合わせ。Masii渾身のガッツポーズ!

出会い日記

 

Masiiは待ち合わせの下北沢に早めに到着していた。

予約した居酒屋の位置と、念のため二次会があったとき用のカラオケ店を確認しソワソワしながら待っていると、保育士リサからメールが届いた。

 

保育士リサ「Masiiさんごめんなさい。

10分くらい遅くなります。

あと、今日忙しくて汗だくだったので、汗臭かったらごめんなさい💦」

 

『お疲れ様です!わかりました〜

汗臭いのなんてむしろだいかんげ…ゲホッゲホ。

気にしないでくださ〜い!笑』

テンション上がって変な返信をしてしまった。

これでキャンセル喰らったら切腹ものだ(°_°)

しかし、この頃にはだいぶ打ち解けていたため、保育士リサとも信頼関係はそれなりに構築されていた。

 

出会い系サイトの完全攻略法!10年のテクニックを無料でご紹介
ポイント制マッチングアプリや出会い系サイトでは立ち回りを覚えることによってポイントを最小限に出会うことが出来ます。このサイトを活用しより良い出会い系ライフを送っていただきたいと思いま。Masiiにお任せ('ω')

 

「あ〜っ!変なこと考えてますね〜?笑

匂いフェチなんですか〜?笑

あとでゆっくり話しましょう☆」

 

『匂いフェチなんですかね~?

くさっ!とか言いながら嗅いじゃうタイプなんです。』

 

『その辺の話、後でゆっくり話しましょう☆』

 

「そうですね!笑」

 

【保育士リサと出会ったサイト】

 

 

いい流れを感じながら待っていると電話が鳴った。

 

「着きました〜!

どちらにいらっしゃいますか?」

 

『マクドナルドの前にいます』

 

「すぐに向かいます!」

 

 

事前に服装を伝えていたため、あとは声をかけられるのを待つのみだが、どの人なのかが分からないため緊張感が増し、不審者のように辺りをキョロキョロ見渡していた。

そんな時、後ろ側から覗き込むように声をかける女性が。

 

「Masiiさんですよね?」

 

『おっ!?びっくりした💦

そうです、保育士のリサさんですね?』

 

「そ、そうです💦

そんなにびっくりします?笑」

 

もともとビビりなのと、思いのほか大きな声で声をかけられたのが相まってか、肩を窄めるようにビックリしていた。

 

「大丈夫ですか?」

Masiiの二の腕辺りに手を添える保育士のリサ。

笑顔が可愛く、【戸田恵梨香】を少し膨よかにした感じの子だった。

Masiiは一瞬で好きになった。

 

 

男は単純である。

触れられたり、見つめられたり、お願いをされたりするだけで可愛く見え、好きになってしまう。

女性もそうなのだろうか?

 

などと思いつつ我に帰る。

 

『だ、大丈夫だよ💦

ビックリして俺も変な汗かいたから臭いかもよ〜笑』

 

「それなら嗅ぎ合いっこしましょうか!笑

わたしも臭さは負けませんよ〜笑」

 

などといい感じの流れで居酒屋へ向かう。

Masiiは心の中でガッツポーズを決めるのだった。

 

【保育士リサと出会ったサイト】

 

【第13話】

出会い・恋愛のハッピーメール【公式】|彼氏・彼女がほしい貴方に贈る日本最大級のマッチングサイト
ハッピーメールは登録無料の優良出会いマッチングサイトです。趣味友から恋活・婚活まで幅広い出会いを提供。スマホ・アプリにも対応しているから初めての方でも安心してご利用頂けます。20年の運営実績で累計会員数2,500万以上、全国47都道府県のどこからでも素敵な出会いを見つけることができます。
ワクワクメール - 恋愛マッチング・出会い系サイト
ワクワクメールは国内最大級の恋愛マッチング・出会い系サイトです。運営実績は20年、累計会員数は900万人以上となり、彼氏や彼女が欲しい方に出会いを提供しています。匿名制度や24時間サポートなど安心して利用できるシステムで、恋活・婚活を全力で応援しています。

 

コメント