【第17話】プロか魔術師か!?アマチュアのMasiiを保育士リサのテクが襲う

出会い日記

 

Masiiは負けていられないと反撃に出た。

 

《自信があるわけではないけど、こっちだってそれなりに経験積んでるんだ!

負けてたまるか!

本やネットの知識を今こそ活かすんだ!》

 

 

実戦が乏しいMasiiはとにかく攻めることだけに集中した。

 

両手を前に回し胸を揉みながら、保育士リサの首筋を舐め始めた。

 

すると保育士リサの手が止まった。

 

「はぅん。ちょっ。ちょっと待って。」

 

《おっ!?攻撃が効いているじゃないか!

ここは攻め時だな!》

 

『どうしたの?さっきまでの勢いは?笑』

 

「首は弱いの〜。全身が固まっちゃう。」

 

『じゃあこれは?』

 

Masiiはここぞとばかりに今度は耳を責めた。

 

「ぅん。耳もだめ〜〜。」

 

保育士リサが振り向いた時にMasiiはキスをした。

 

 

舌が絡み合い、より興奮が増した。

 

保育士リサは右手を必死に上下させ、Masiiも保育士リサの胸元から右手を入れ、大きく揉んだり生乳首様をコリコリしたりした。

 

保育士リサの声は次第に大きくなり、隣の部屋に聞こえるんじゃないかというほどだった。

 

生乳首様をコリコリすると吐息が漏れ、舌が硬くなり動きを止める。

 

そして舌は激しく絡み、唾液が混ざり合っていた。

 

出会い系サイトの完全攻略法!10年のテクニックを無料でご紹介
ポイント制マッチングアプリや出会い系サイトでは立ち回りを覚えることによってポイントを最小限に出会うことが出来ます。このサイトを活用しより良い出会い系ライフを送っていただきたいと思いま。Masiiにお任せ('ω')

 

「Masiiくんの舐めたい。」

 

『うん。舐めて。』

 

保育士リサは向きを変えMasiiのズボンを脱がすと、パンツの上からMasiiの大きくなったものをシゴキ始めた。

 

少し湿ったパンツの上を爪を立てたり、手のひらでさすったり強弱の刺激を繰り出し、Masiiのあそこはパンパンに膨れ上がった。

 

【保育士リサと出会ったサイト】

 

そして、頃合いを見て保育士リサはMasiiのパンツを下ろし、我慢汁でヌルヌルになったMasiiのあそこの先を親指で撫で回した。

 

《ほどよい刺激がたまらなくいい…。こんなテクを持っているとは…。》

 

『ぅんん…。それ気持ちいい。もう少し続けて…。』

 

「うん。」

 

保育士リサはMasiiの顔を見つながらめそれを続けた。

 

そして反対の手で玉袋をさすりながら、舌で竿をなめあげる。

 

Masiiは思った。

 

 

《こやつ、プロやな…。》

 

【保育士リサと出会ったサイト】

 

【第18話】

出会い・恋愛のハッピーメール【公式】|彼氏・彼女がほしい貴方に贈る日本最大級のマッチングサイト
ハッピーメールは登録無料の優良出会いマッチングサイトです。趣味友から恋活・婚活まで幅広い出会いを提供。スマホ・アプリにも対応しているから初めての方でも安心してご利用頂けます。21年の運営実績で累計会員数2,700万以上、全国47都道府県のどこからでも素敵な出会いを見つけることができます。
出会い系サイトのプロフィール作成テクニック!おすすめ攻略法も紹介!
ポイント制サイトではプロフィールの重要度が高く、ここを間違うとどんなイケメンでも出会うことは出来ません。このページでは一つ一つツボを押さえてテクニックを紹介しています。ぜひ隅々までお読みいただき活用していっていただければと思います。Masiiにお任せ(*・ω・)ノ

 

コメント